2018年5月 読書目録 – 2/2 –

  • 2018.06.14
  • 2018.10.14
  • 読書
2018年5月 読書目録 – 2/2 –

みなさん、こんにちは。ひろりんです。

引き続き、読書目録です。
この中では、やはり辻村深月さんの小説で「スロウハイツの神様」がダントツでオススメです。

2018年5月 読書目録

スロウハイツの神様

上下巻の作品です。
辻村深月さんの作品の中でも、特に人気のある作品です。
私も「ぼくのメジャースプーン」の次に好きな作品になりました。

アキラとあきら

池井戸潤さんの作品で、WOWOWでドラマ化もされました。
池井戸潤さんといえば「半沢直樹」を思い出す方も多いのではないでしょうか。
この作品も勧善懲悪、最後はスッキリできます。

チルドレン

サブマリン

「チルドレン」の続編です。

オーデュボンの祈り

伊坂幸太郎さんのデビュー作です。
喋る「カカシ」、ルールの「桜」

本日は、お日柄もよく

結婚式のスピーチの話かと思いきや、その後の展開で「政治」の話になります。
「言葉の持つ力」を改めて感じることができると思います。

まとめ

この中では「スロウハイツの神様」がオススメです。
辻村深月さんの小説を読むなら、まずは「スロウハイツの神様」を読むのがいいかもしれません。

5月は合計14冊、読むことができました。
やはり、辻村深月さんの小説に出会うことができたのが、大きな収穫でした。

辻村さんの作品は「ミステリー小説」という枠組みに入ると思いますが、残りの作品も読んでみたいと思っています。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ひろりん