Googleフォームを使った学習管理

Googleフォームを使った学習管理

今日はGoogleフォームを使った学習管理についてです。

Googleフォームというのは誰でも簡単にアンケートを作り、集計できるツールです。しかも無料で使うことができます。

主な使用方法はアンケートだと思いますが、自分自身でカスタマイズできるので、何かを記録することにも使えます。今回は学習管理のテーマですが、家計簿管理などにも応用できます。

画面を提示しながら丁寧に説明していくので、実際に作ってみてくださいね。一度作ればすごく簡単なことがわかると思います。

あらかじめ、Googleアカウントにはログインしておいてください。

Advertisement

Googleフォームを使った学習管理

操作画面に沿って説明していきます。
ブラウザはGoogleクローム使用を前提に進めていきます。

まずはGoogleの提供するアプリからGoogleドライブを選択してください。

新規をクリックします。

その他→Googleフォーム→空白のフォームの順に進んでください。

すると以下の画面が表示されます。

タイトルは自身が好きなタイトルに変更してください。
わかりやすいタイトルがよいと思います。
質問(入力したい、記録したいもの)は右側の「+」から追加できます。

▼ボタンを押すと回答方法を選択することができます。

回答方法には以下のような種類があります。
記述式はもちろん、チェックボタンなど様々な種類から選ぶことができます。

今回は長文入力ができる「段落」を選択してみます。
そして「ケアレスミス内容」と「ケアレスミス対策」を入力して、記録するケースを考えてみます。
完成したら右上の「目」のマークでプレビューしてみましょう。
どのように入力できるのか確認できます。

下記のように実際の入力画面が完成しました。
ここに入力していくことで記録されていきます。

では実際に入力してみます。
入力が終わったら「送信」をクリックします。すると、記録が完了します。

正常に記録されれば下記の画面が表示されます。

きちんと記録されているか見てみましょう。
回答をクリックします。

入力した内容がきちんと記録されていることを確認できます。

次にスプレッドシートを作成します。作成するのは一度だけです。作成することで今後はスプレッドシートに自動的に記録されていきます。

作成したスプレッドシートを開いてみます。

きちんと内容が記録されていることが確認できます。スプレッドシートに記録されれば、いろいろなデータ加工ができます。 

今回は記述式ですが、数字を入力項目にすれば自動的に計算もしてくれます。例えば勉強時間の管理にも使えます。

元の画面に戻って「送信」をクリックします。

最後はこの完成したGoogleフォームのリンクを作成して、いつでもアクセスできるようにしておきます。

このリンクさえ知っていれば、どこからでも学習の記録ができます。スプレッドシートにまで自動的に記録してくれるので、そこからミス分析などをスピーディーに行うことも可能です。
Advertisement

まとめ

Googleアプリにはいろいろな種類があり、無料で利用することができます。

GoogleスプレッドシートなどはExcelの機能には及ばないものの簡単にネットからアクセスできたり、共有することもできます。いろいろ試してみると、勉強や仕事も幅も広がると思います。

ひろりん