漢検準1級 合格体験記と勉強法

漢検準1級 合格体験記と勉強法

2021年6月20日に開催された漢検準1級に2回目の挑戦で合格しました。1回目の受験は3年前の2019年でした。

今回の記事は合格体験記ですが、論点ごとに、どこに力を入れて、また力を抜いて勉強すべきなのか、詳しく書いたつもりです。そして、近年の漢検準1級は「この問題集だけをやれば合格する」という勉強法が通用しにくくなってきました。

ここに書いた方法は、あくまでわたしが試行錯誤して編み出した勉強法です。合う合わないがあると思いますが、自分に合いそうな部分だけでも盗んで帰ってください。すべてマネする必要はありません。

Advertisement

今回の得点分析


最終的な得点は166点でした。合格点は160点なので、わずか6点の差です。漢検協会から届いた結果資料をもとに、得点を分析してみます。

大問 自己採点 正式結果
第1問 28点 29点
第2問 9点 9点
第3問 10点 10点
第4問 6点 6点
第5問 36点 36点
第6問 6点 6点
第7問 26点 24点
第8問 18点 18点
第9問 14点 14点
第10問 14点 14点

結果資料では第1問(読み)と第7問(四字熟語)で自己採点の得点と相違がありました。

第1問(読み)で出題された問題

掠略

わたしは「りゃくりゃく」と回答しましたが、標準解答は「りょうりゃく」となっていました。しかし、ここは「りゃくりゃく」でも正解になっていました。

第7問(四字熟語)で出題された問題

門前(じゃくら

ここは正解したと思っていましたが、不正解でした。調べたところ、正解は「雀羅」ですが、わたしは「雀」の漢字を間違えて覚えていました。ここで確認をしていなければ、今後も気づくことができませんでした。試験後の確認は大事ですね…

勉強優先順位

まず「共通の漢字」と「誤字訂正」の分野は得点源にはふさわしくない論点となります。というのは何が出題されるかわからない、本当に未知の分野だからです。

問題集に収録されている問題をマスターしても、その見返りはあまりありません。最後の最後、他の論点をマスターして、余裕があれば、問題集で対策をするくらいでもよいと個人的には思います。

反対に、最重要論点は「四字熟語」です。この「四字熟語」を落とすと、かなり合格から遠のきます。30点分の配点もある、非常に大きな論点です。そして対策をすれば、確実に得点できる論点でもあります。さらに、四字熟語を勉強すると、他の論点でも同じ漢字が度々出てくることがあり、大きな相乗効果があるのです。

「読み」と「書き」についても基本的にミスを最小限にする必要があります。未知の熟語が出題される場合もありますが、問題集で対策できる熟語をくまなく正答できれば、問題ありません。

というわけで、わたしがオススメする優先順位は下記のとおりです。

第1位:四字熟語
第2位:読み
第3位:書き
第4位:故事・成語・ことわざ
第5位:対義語・類義語
第6位:文章題
第7位:誤字訂正
第8位:共通の漢字

論点別勉強法

長期記憶に残すために、がむしゃらに問題集を解くのではなく、工夫しましょう。上記の優先順位に沿って書いていきます。

四字熟語

まずは下記の問題集の四字熟語をすべて覚えましょう。ただ、すべて覚えても、四字熟語に関してはまだまだ心細いです。

次に、本試験型問題集の各回の四字熟語をすべて覚えて、さらに巻末の四字熟語の資料をすべて覚えます。巻末の四字熟語の資料までを完璧にすれば、本試験でも四字熟語の論点は8割は取れるはずです。

四字熟語を覚える作業は非常に苦痛な作業になります。それを面白い作業にするためには、その四字熟語の「背景」を勉強しましょう。今や、ネットで意味や背景をすぐに調べることができます。これを利用しない手はありません。

また漢検公式の四字熟語辞典があります。準1級では必ずしも必要とは思いませんが、1級を目指すのであれば必要かと思います。

読み・書き

あえて「読み」と「書き」を同じくくりとしました。それは「読み」として覚えた漢字が「書き」で出されたり、「書き」で覚えた漢字が「読み」で出されたりするからです。

気を付けるべきは「読み」で覚えた漢字が「書き」で出されるケースです。これに対処するには、「読み」の問題を解いているときにも「書き」を意識しないといけません。

例えば今回の本試験では「稗史(はいし)」「汀渚(ていしょ)」を書かせる問題が「対義語・類義語」で出題されました。ともに、わたしは「読み」の対策はしていましたが、「書き」の対策は意識していませんでした。結果的に正答を書くことはできましたが、正直なところヒヤッとしました。

おそらく勉強を始めた当初は、ほとんど読めない、書けないと思います。2級まではなんとなくでも、結構正解した方も多いのではないでしょうか。しかし、準1級になると、今まで触れたことのない漢字がたくさん出てきます。

読み・書きに関しては、もう毎日触れるしかありません。少しでも時間ができたら、問題集を開いて「声」を出して読んで書く。大きな声でなくて構いません。その声を自分の耳で聞くことに意義があるのです。漢字のリズムを感じましょう。

そして「書き」に関して、たくさん書きすぎて時間を浪費しないようにしましょう。とりあえず、2,3回書いて、次の漢字に進む。どんどん進む。そして数日後にまた戻って、2,3回書いてみる。もう大丈夫と思ったら、今度は書かない。頭でイメージするだけでよいと思います。そうして、書く漢字をどんどん減らしていってください。

最後に、わからない熟語の「読み」が出題されたときの、ひとつのテクニックを紹介します。わからないから「空欄」にするのだけはやめましょう!

碩師

この例の場合、「師(し)」は読めるはずです。ただ、「碩」が読めないときにどうしますか?「空欄」にしてしまいますか?本試験では1点でも2点でももぎ取りましょう。

例えば「石」に注目すれば、「いし」もしくは「せき」と読むことができます。「いしし」と読むのはなんだか不自然な気がしませんか?「せきし」ではどうでしょうか。なんとなく正解のような気がしますよね。正解は「せきし」なのですが、このように部首をヒントにして回答を埋めることで、正解してしまうことも多々あります。

あともうひとつ、絶対にしてほしいことがあります。それは「許容字体」の確認です。

特に「書き」の問題ですが、簡単に覚えやすい「許容字体」を確認しておくことで、学習負担がかなり軽くなります。漢検マスター問題集の別冊には「許容字体」も記載されているので、必ず確認してください。

故事・成語・ことわざ

基本的には問題集に掲載されている問題をすべてマスターしてください。

また、ここでも注意することがあります。例えば次のことわざです。

三軍も帥を奪うべきなり、匹夫も志を奪うべからず

わたしが問題集で対策していたのは「匹夫」の語句でした。

三軍も帥を奪うべきなり、(ひっぷ)も志を奪うべからず

しかし、本試験で出題されたのは「帥」の語句でした。

三軍も(すい)を奪うべきなり、匹夫も志を奪うべからず

このようなことから、問題集で問われている語句だけではなく、ことわざ全体の語句を確認するようにしてください。

対義語・類義語

近年この論点は難化してきています。ただ、それでも問題集に掲載されている問題をマスターすることが、合格のための大前提になります。

そして論点の垣根をこえて、「読み」や「書き」で問われていた熟語が、この「対義語・類義語」の論点で出題されることもあります。その反対もしかりです。この論点でも、本試験では未知の熟語に遭遇することが多々あります。そのときは推測しましょう。

脆弱←→(  )

この例で「対義語」を回答する場合、選択肢から「きょうじん」という語句を選んだとします。「脆弱(ぜいじゃく)」の「弱」から連想すれば、「きょうじん」の「きょう」は「強」と連想することができるのではないでしょうか。「じん」は「靭帯(じんたい)」から連想できる方もいるでしょう。それを合わせれば「強靭」と回答できる可能性は十分にあります。

文章題

問題を解くときに、すべての文章を読む必要はないと思っています。ただし、わからない語句の場合は別です。前後の語句や文章で推測できる場合があるからです。

文章題に関しての特別な対策をする必要はなく、その他の論点の対策で十分だと思います。「小説を読むことで対策になる」ことも聞きますが、読書習慣がない人が短期的に読書して、その対策ができるのかというと、わたしは疑問です。付け焼き刃的な対策は、あまり意味がないように思います。

誤字訂正

優先順位でも書きましたが、対策がしにくい論点であり、なかなか得点にも結び付かない論点です。「誤字訂正」や「共通の漢字」の対策に時間をかけるのであれば、他の論点(例えば四字熟語など)に時間をかけたほうが合格に近づくと思います。

共通の漢字

「誤字訂正」と同様に、対策がしにくい論点です。しかも近年難化しています。本試験でも前半にくる論点で、解けないと焦りますが、できなくても気にしないでください。その分、他の論点で得点を稼ぎましょう。

Advertisement

問題集・アプリ

あらゆる手段を使いました。

合格のために必須の問題集

最優先で取り掛かるべき問題集です。

この問題集は通称「カバー率」と言われて、たくさんの受験生また合格者が愛用している問題集です。過去の出題データに基づき、レベル別に問題が掲載されています。レイアウトも見やすく、漢字の意味も記載されている(一部記載されていない論点もあります)ので、辞書をひく手間がほとんどありません。

この問題集をやらずして、合格は見込めない。とも思える問題集です。

今回紹介する問題集の中では一番難易度が高いです。ただ、本試験のレベルはこのレベルだと思ってください。

定番の「カバー率」問題集と同様に、この「本試験型」問題集も、合格のためには必須の問題集です。本試験形式で18回分を勉強できるほか、巻末には四字熟語をまとめた資料があります。この四字熟語の資料は本当に役立ちます。難しい四字熟語もありますが、ここまで覚えれば本試験でも四字熟語の論点で、8割は得点できるかと思います。

合格をさらに近づける問題集

この問題集はレイアウトが非常に見やすく、使いやすい問題集です。2級を勉強した際には、旺文社のこのシリーズの問題集で合格できました。難易度的には「カバー率」問題集よりは簡単です。

上記2冊の必須の問題集からの「漏れ」をなくす意味での使用でした。巻末には四字熟語とことわざの資料も付いています。

試験直前に投入した問題集です。

本試験形式で20回分を解くことができます。レベル的には、同じ本試験形式の必須の問題集よりは簡単です。試験直前ということもあり、9割の得点率を目指して解きました。この問題集でも、これまでの「漏れ」をなくすことを心がけました。

勉強を助けてくれたサイト・アプリ

漢字検定準1級 無料練習問題

非常に使いやすいサイトで、Androidスマホのホーム画面にリンクを貼っておいて、ほぼ毎日利用させていただきました。

またiOSではアプリも提供されているので、わたしはiPadでもインストールして勉強していました。

漢検準1級 - 漢字検定対策問題集

漢検準1級 – 漢字検定対策問題集

無料posted withアプリーチ

四字熟語の百科事典

漢検準1級合格のカギは四字熟語だと思っています。

意味がわからない、未知の四字熟語に出会った際には、このサイトをよく利用させていただきました。具体的な「使い方」や「例文」もあり、四字熟語をよりイメージしやすくなります。

ことわざ・四字熟語・難読漢字 学習小辞典

ことわざ・四字熟語 学習小辞典

ことわざ・四字熟語 学習小辞典

posted withアプリーチ

こちらも主に四字熟語の意味を調べるために利用していました。

辞書 by 物書堂

辞書 by 物書堂

辞書 by 物書堂

無料posted withアプリーチ

漢検の漢字辞典を購入できてデジタルで利用できます。紙の辞書もありますが、デジタルのほうが安いです。わたしはiPadでデジタル辞書を利用していました。

Advertisement

工夫したこと

Googleフォームとスプレッドシート

本試験形式の問題を解いた際に利用したのが、無料で使えるGoogleフォームとスプレッドシートです。また答案用紙はiPadにダウンロードしておいて、そこに書き込みをして採点しました。その答案用紙を画像としてGoogleドライブに保存しました。

下記のようなGoogleフォームを作り、プルダウンで得点を記録できるようにしました。得点の記録は主に、iPadから行いました。

また、最後に採点済の答案用紙を添付できるようにして、スプレッドシート内で紐づけもできるようにしました。

ちなみに採点済の答案用紙はこのようなものです。

このように記録していくと、最終的にGoogleスプレッドシートに自動的に、すべてまとめられていきます。答案用紙はGoogleドライブに保存されているので、スプレッドシート内のリンクをクリックすると、答案用紙を表示することができます。

Googleフォームの作成方法については以前に記事にしているので、よければご覧ください。

四字熟語カードの作成

これはサイズ1:1のカードに四字熟語とその意味を書いて、スマホでいつでも見られるようにしたものです。Canvaというツールを使って100枚作成しました。Canvaの使い方については別記事にもしているので、よければご覧ください。

画像として保存して、スマホのギャラリーアプリで眺められるようにしました。作成過程で四字熟語と意味を詳細に調べることになるので、それだけでも記憶に残ります。

虎の巻

勉強も終盤になってくると、ミスしやすい問題がわかってきます。それらの弱点をまとめて漢検準1級_虎の巻(PDFが開きます)を作成しました。

「十干十二支」については非常に覚えづらいので、このまとめは役に立ちました。

序盤から作ってしまうと膨大な量になってしまうので、終盤で量が絞られてからの作成がオススメです。試験直前はこの虎の巻をメインに勉強を進めていきました。

Advertisement

まとめ

合格のカギは「四字熟語」の攻略です。また「読み」の問題でも書けるようにしましょう。そして本試験では最後まで答えをひねり出すこと。できる限り空欄にしないことです。

わたしの対策はやりすぎかもしれませんが、やりきった感はあります。すべてをマネする必要は全くありません。良さそうなものがあれば、ご自身の勉強に取り入れてみてくださいね。

ひろりん