会計人コースWebに記事を寄稿しました!

2021年版・オススメ書籍ベスト10【小説部門】

URLをコピーする
URLをコピーしました!

2021年に読んだ書籍の中から、ランキング形式で「ぜひ読んでほしいオススメ小説」ベスト10を紹介します。

第10位から第6位

第10位 乱反射

¥772 (2021/12/25 21:57時点 | Amazon調べ)

地方都市に住む幼児が、ある事故に巻き込まれる。原因の真相を追う新聞記者の父親が突き止めたのは、誰にでも心当たりのある、小さな罪の連鎖だった。決して法では裁けない「殺人」に、残された家族は沈黙するしかないのか?第63回日本推理作家協会賞受賞作。

「BOOK」データベースより


あることが次々に連鎖していく。ドミノ倒しのような作品でした。わたしたちが日常で起こした、わがままで些細な言動。その言動はどこまで責任を問われるのでしょうか。

第9位 わたしの美しい庭

統理と小学生の百音はふたり暮らしだが、血はつながっていない。朝になると同じマンションに住む路有が遊びにきて、三人でご飯を食べる。その生活を“変わってる”という人もいるけれど、日々楽しく過ごしている。三人が住むマンションの屋上には小さな神社があり、地元の人からは『屋上神社』などと呼ばれている。断ち物の神さまが祀られていて、悪いご縁を断ち切ってくれるといい、“いろんなもの”が心に絡んでしまった人がやってくるが―そこを訪れる“生きづらさ”を抱えた人たちと、「わたし」の物語。

「BOOK」データベースより


登場人物たちはいろいろと複雑な事情を抱えています。こんな生き方もあるよね。こんな生き方もいいよね。読んでいて安心できるような、そんな作品です。

第8位 東京會舘とわたし

海外ヴァイオリニストのコンサート、灯火管制下の結婚式、未知のカクテルを編み出すバーテンダー…“會舘の人々”が織り成すドラマが、読者の心に灯をともす。大正十一年、丸の内に誕生した国際社交場・東京會舘。“建物の記憶”が今、甦る。激動の時代を生きた人々を描く。直木賞作家の傑作長編小説!

「BOOK」データベースより


上下巻の作品です。最初は盛り上がりに欠けるかな、と思いきや、徐々に面白くなって、下巻では思わず涙してしまいました。東京會舘に行きたくなる。そんな作品です。

第7位 赤い指

¥726 (2021/12/26 16:37時点 | Amazon調べ)

少女の遺体が住宅街で発見された。捜査上に浮かんだ平凡な家族。一体どんな悪夢が彼等を狂わせたのか。「この家には、隠されている真実がある。それはこの家の中で、彼等自身の手によって明かされなければならない」。刑事・加賀恭一郎の謎めいた言葉の意味は?家族のあり方を問う直木賞受賞後第一作。

「BOOK」データベースより


東野圭吾さんの作品では「白夜行」など代表作は様々ありますが、この「赤い指」も負けず劣らず面白ったです!比較的短い作品ですが「赤い指」とは何なのか、最後に明かされる真実に驚かされました。

第6位 影法師

¥792 (2021/12/27 16:21時点 | Amazon調べ)

頭脳明晰で剣の達人。将来を嘱望された男がなぜ不遇の死を遂げたのか。下級武士から筆頭家老にまで上り詰めた勘一は竹馬の友、彦四郎の行方を追っていた。二人の運命を変えた二十年前の事件。確かな腕を持つ彼が「卑怯傷」を負った理由とは。その真相が男の生き様を映し出す。『永遠の0』に連なる代表作。

「BOOK」データベースより


勘一と彦四郎の友情に胸打たれる作品です。学生のころ、特に中学生のころに読みたかった、そんな物語です。

第5位から第2位

第5位 お探し物は図書室まで

¥1,760 (2021/12/26 16:38時点 | Amazon調べ)

お探し物は、本ですか?仕事ですか?人生ですか?悩める人々が立ち寄った小さな図書室。不愛想だけど聞き上手な司書さんが思いもよらない選書と可愛い付録で人生を後押しします。『木曜日にはココアを』の著者が贈る、明日への活力が満ちていくハートウォーミング小説。

「BOOK」データベースより


個人的には「本屋大賞」に選ばれても良かった作品です。各ストーリーともホッとするような、またホロホロと涙が出るようなお話ばかりです。

第4位 正欲

¥1,870 (2021/12/26 16:38時点 | Amazon調べ)


「多様性」という言葉を最近はよく耳にします。しかし、その多様性をわたしたちは十分に理解できているでしょうか。「普通」とは何なのか。読後に深く、深く考えさせられる作品です。

第3位 か「」く「」し「」ご「」と「

みんなは知らない、ちょっとだけ特別なちから。そのせいで、君のことが気になって仕方ないんだ―きっと誰もが持っている、自分だけのかくしごと。5人のクラスメイトが繰り広げる、これは、特別でありふれた物語。共感度No.1の青春小説!

「BOOK」データベースより


登場人物5人の特別な力がそれぞれの章でクローズアップされていきます。その力は一見優位に見えるものの、その力により余計に疑心暗鬼になる。学生時代の微妙な駆け引き。青春時代を思い出したい人にもオススメできる作品です。

第2位 闇祓

¥1,870 (2021/12/01 22:09時点 | Amazon調べ)


本格ミステリーホラーということで、読む前に少し身構えてしまいましたが、終盤は本当にハラハラしました。章ごとに登場人物が変わり、その共通点が徐々に明かされるにつれて物語は佳境に入っていきます。

2021年・オススメ小説の第1位はこの作品だ!

第1位 ペッパーズ・ゴースト

¥1,350 (2021/12/27 16:23時点 | Amazon調べ)


まさに伊坂幸太郎さんの集大成ともいえる作品で、大きな2つの軸が途中で交わる瞬間は鳥肌が立ちました。伊坂幸太郎さんの代表作にもなりそうな作品でした!ザ・エンターテイメント小説!

さいごに

2021年の小説部門・第1位は『ペッパーズ・ゴースト』でした。

わたしは辻村深月さんのファンなので『闇祓』と迷いましたが、万人に楽しめる作品としては『ペッパーズ・ゴースト』に軍配を上げました。

2022年もたくさんの小説に出会えたらいいなと思います。

ひろりん

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

シェアしてくれると嬉しいです!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

関東在住のアラフォーの男性です。
趣味は読書・企業分析・デジタル勉強法の研究。

コメント

コメントする

CAPTCHA