【日商簿記1級】過去問演習の時間配分どうしてますか?

【日商簿記1級】過去問演習の時間配分どうしてますか?

こんにちは。ひろりんです。

さて、今日は「過去問を解く際の各科目の時間配分」です。
簿記試験にフォーカスして書こうと思います。
日商簿記1級を想定してますが、全経簿記上級対策にも役立つ部分があると思います。

あくまで個人的に実践したことなので、これをすべて鵜呑みにせずに、ご自身で有益だと思うことを取捨選択してくださいね。

ネットには役立つ情報とそうではない情報があふれています。
こうした情報をピックアップする力は、問題文から必要な情報をピックアップする力の向上にも少なからずつながる部分があると思います。是非いろんな視点から今回の記事を読んでみてくださいね。

と、話が少しそれました。
では、いってみましょう。

Advertisement

各科目の時間配分

まず、日商簿記1級の問題構成ですが、これはご存知ですか?
初学の方はまだ詳しく知らないという方もいるかもしれませんね。

具体的にはこんな感じです。

  • 商業簿記
  • 会計学
  • 工業簿記
  • 原価計算

商業簿記・会計学で90分、そのあと15分程度の休憩をはさみ、工業簿記・原価計算で90分という流れになります。
商業簿記と会計学の間、工業簿記と原価計算の間には休憩時間はありません。
そこは注意してくださいね。

それを踏まえると、少なくとも90分の時間は集中力を途切れさせないことが大事です。しかも難関の試験ですから、相当疲れます。実際の試験では集中できるから大丈夫大丈夫という方もいるかもしれません。

しかし、そういう心構えを事前にしておくのはあらゆる不安を取り除く面でプラスに働きます。なかなか集中力が続かないという方、ここも意識して勉強していきましょう。

ではもう少し具体的な過去問の取り組み方をみていきます。

商業簿記について

早速ですが、時間配分を計算してみましょう。
商業簿記と会計学で90分です。
皆さんなら、どんな時間配分にしますか?半分半分でしょうか?それとも商業簿記に50分かけますか?

理想としては最終的に商業簿記40分で7割正答する、くらいまでもっていくのがベストだと感じました。
もちろん個人のレベル差などはあります。
なので、過去問演習を始めたころは、50分~60分くらいで解いてもよいと思います。そこから徐々に負荷をかけていくんです。1回目は50分、2回目は45分、3回目は40分とか。

一気に高い負荷をかけると不安になり、逆効果になるので、気を付けてください。
今の自分の実力に合った時間負荷をかけてみてください。

会計学について

戦略的には、商業簿記よりも会計学を先に解く方が気持ち的に楽になると思います。
最近は理論問題が単純に用語穴埋めではないこともありますが、理論がクリアできれば解答作業の波に乗ります。

それと最近の傾向ではかなりの難問が出たりします。そこを見極めて、後回しにする、もしくは解かない判断も必要です。
なんとか解けるんじゃないか、という気持ちが本番では生まれてきます。その気持ちをうまく切り替えられるか、ここが結構大事だったりします。

過去問を解く時は、どんな問題がいわゆる「捨て問」なのか、是非意識してみてくださいね。

問題の内容にもよりますが、理想としては会計学で30分でしょうか。

工業簿記、原価計算について

ここでも時間配分を考えてみましょう。
ただ、工業簿記と原価計算は開催回によって、ボリュームに差があることも多々あり、どちらが先にというのは本番で判断したほうがよいかもしれません。

それでも、自分では「原価計算から解くぞ!」とかひとつの基準はもっておいてよいと思います。実際に問題を見てみて「どうも今回は原価計算は時間がかかりそうだな」と思えば、工業簿記に移ればよいだけです。
大丈夫。過去問を解いていけば、どんな問題が時間かかりそうとか判断できるようになります。

とりあえずの基準として、工業簿記、原価計算とも40分くらいを目安にするとよいと思います。どちらを先に解くか、は過去問演習を通して、試行錯誤してみてくださいね。

Advertisement

まとめ

今回は過去問演習時の「時間配分」について書きました。

ただ、まとめて90分という時間が取れない、という方もいると思います。その場合は、会計学だけとか、理論だけとか、細かく分解して時間を設定して解くのもオススメですよ。理論だけなら、昼休みの5分、10分だけでも勉強できます。

理解が進んできたら、時間という負荷を徐々にかけていく。
適度なプレッシャーはベストパフォーマンスを生みます。

是非、時間負荷を実践してみてくださいね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ひろりん

こちらも合わせてご覧くださいね。