社会人に必要な三種の神器って何?

社会人に必要な三種の神器って何?

みなさん、こんにちは。ひろりんです。

今日は社会人にとっての三種の神器について書いてみようと思います。

皆さんは三種の神器と聞いて、何を連想しますか?
まずはそこからいきましょう。

Advertisement

三種の神器とは

  1. 英語
  2. IT知識
  3. 会計知識

一般的にはこの3つとよく言われています。
個人的にもこの3つのレベルがある程度あれば、そんなに仕事でも困らないと思っていますし、それどころか、かなり期待されると思います。

ではそのレベルとはどのくらいのレベルと思いますか?
それを個々に書いてみようと思います。
今回はその中の「英語」についてです。

英語のレベル

一般企業であれば、TOEIC 600点~700点もあれば十分です。
ただ、海外との仕事を想定しているならば、700点~800点は最低欲しいです。
理想は20代で600点~700点で、30代で700点~800点

それと、これは誤解がありますが、TOEICの点数がよくて採用されても実際の仕事で活かせるかは別です。
大事なのは「実際に会話ができるか、メールが書けるか」です。

個人的な話

私は新卒時にTOEICスコアは600点ありました。
就職活動でも海外と取引できる環境の会社、仕事を希望し、入社しました。

業種や製品はすぐに特定されてしまうので書けませんが、日本でも唯一の技術のある会社でした。海外からも技術を学ぶために研修生が何十人とくる会社です。入社してしばらくすると、英語力があるからと、その研修生への工場案内も担当することになりました。

その会社での主担当の仕事は生産管理および資材管理でした。
もう少し詳しくいうと、生産に必要な材料の発注や納期管理ですね。その傍らで、工場案内もこなす、という感じです。

この場合、英語ができるだけではもちろん役に立ちません。工場のレイアウトはもちろん、生産設備の機能や生産能力なども把握してそれを英語、しかも技術的な英語で説明しないといけません。
初めての工場案内の時は、それはそれは緊張しました。なるべく質問しないでくれ、と。。

Advertisement

まとめ

話がかなり脱線しましたが、TOEICのスコアと英語で仕事ができる能力があるかどうかは別ということで、そのあたりも意識しながらTOEICなどの英語の勉強をして欲しいということです。

即戦力という点では、志望する業界の専門的な用語を把握しておくことも差別化という面では有効だと思います。それを英語で使いこなせればアドバンテージはかなりあると思います。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ひろりん