【レビュー】簡単に書いて消せる、ブギーボードって何?

【レビュー】簡単に書いて消せる、ブギーボードって何?

みなさん、こんにちは。ひろりんです。

このつたないブログにも、少しづつアクセスが増えてきて、すごく嬉しく思います。
今後ともよろしくお願いします。

さて、昨日に引き続き、またまた文房具レビューです。

今日はキングジムの「ブギーボード」を紹介したいと思います。

キングジムときいて、何を思い浮かべますか?
私はすぐに「ファイル」を思い浮かべました(笑)

会社には必ずといってもいいほど、キングジムのファイルがありますよね。
ちなみにこれです。

しかし、今日はファイルではなく、ブギーボードという商品です。

Advertisement

ブギーボードってどんなもの?

まずは動画を見てもらうのが一番わかりやすいと思います。

どうですか?

なんだか懐かしい感じ。
子供の頃に遊んだ、書いて消せる「お絵かきボード」を思い出しませんか?
こんな商品です。

話を戻して「ブギーボード」ですが、動画を見ていただけるとわかるように、電源も入れる必要もなく、すぐに書き始められます。
パソコンなどのように、起動してからの待ち時間はありません。本当にすぐに書き始められます。

そして書いたあとは、これまたすぐに消すことができます。
それも「ボタンひとつ」です。ポチっと押すだけです。一瞬でパッ!と消えます。

そしてまたすぐに書き始めることができます。

ものすごく単純で、簡単な操作ですが、画期的だと思いませんか?
そのため、他社からも類似品がたくさん発売されています。

ちなみに書いた文字は「グリーン」です。
目にやさしく、とても見やすいです。

もちろん、お絵かきボードのような使い方もできますが、勉強でも使えます。

どんなときに使う?

例えば、簿記で何度も下書きをして計算したり、書いて覚えるタイプの勉強をしている時です。

私も経験ありますが、簿記の勉強では本当にたくさんの計算用紙を使います。
本試験を意識した勉強では、実際の紙の計算用紙を使いべきだと思います。

ただし、下書きをして、すぐに破り捨ててしまうようなときには、紙がもったいないと思いませんか?
そういうときには、環境にもやさしい、このブギーボードがすごくオススメです。ゴミが出ません。

余談ですが、お子さんのお絵かきにも使えますし、ご家族への何かの伝言にも使えたりして、本当にいろいろな使い道があります。
裏にはマグネットがついているので、これも便利ですよね。

Advertisement

まとめ

勉強して、毎回、計算用紙を捨てていて、なんだかもったいない
ノート代を節約したい

ブギーボードの初期投資の数千円はかかりますが、価格以上に満足できると思います。

すぐに書いて、すぐに消せる

そんな体験を是非してみてくださいね。

今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

ひろりん